中間市にて地デジアンテナの交換工事。ブースターの威力ってすごいね。

アンテナ工事

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

こんにちはヒロさんです。

友人の紹介で、中間市にて地デジアンテナの交換工事を依頼していただきました。

数ヶ月前から地デジが映らなくて困ってらっしゃったそうです。メールでお家のアンテナの状態を写真で送っていただいていたので、ある程度状況がわかり、前もって作戦を立てる時間がありました。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

 

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com

アンテナ工事は事前のノート作成から始まる

作業手順と危険予知を書き留めておきます。こうすると、痛ましい事故やお客様宅のものを壊す(物損)などを防ぐことができます。これって、ほんと大事だと思う。10分ほどのOUTPUTが計り知れない損失をカバーすることがあります。

スタッフネコ
ヒロさん、失敗から学ぼうとしているんだね!
ヒロさん
ま、そういうこっちゃね。失敗は成功の元さ!

また、作業手順を書くことで、頭の中が整理され、パニックに陥ることを防ぐことができます。パニックとは、一気に多くの問題に圧倒され、頭の中がPCのようにフリーズ状態になることです。

 

 

アンテナ交換工事の作業手順と危険予知。現場は一階部分屋根の上の高所作業。

アンテナ交換工事の作業手順と危険予知。現場は一階部分屋根の上の高所作業。

まずは、既存アンテナの現場確認からだ!

2003年12月1日から地デジ化が始まりましたが、十五年経った今でもこのようなアナログ時代のアンテナが見られます。

しかも、屋根に取り付けてあるサイドベースという金物が外れかけています。万が一これ落ちたら非常に危険です。下に人がいたら大怪我するし、ガラスがあったら割れたりと想像したら怖くなりますよね。

アナログ時代のアンテナ。落下する前でよかった。

アナログ時代のアンテナ。落下する前でよかった。

新しいアンテナを取り付ける前に古いのは外しておきます。外してわかりましたが、この金具は釘で止めてあり、防水処理もされていなかったので、見てください、釘穴が大きく開いています。風が空くたび釘が穴を広く開けていったんでしょうね。

 

大きく穴が空いてしまっているので、応急処置として、コーキングを使って防水しておきます。

 

アンテナ外す時は苦労しました。結構狭い、足場の悪いところで、大きな大人(スタッフの川村さんと)が二人寄り添う 😯 ようにして、アンテナ外しました。

 

現状のアンテナレベルを記録し、BEFORE AFTERを比較する

アンテナレベルの記録です。アンテナつける前の1階と2階のレベルです。いずれもましいテレビ受信機の入力条件である46デシベル以上を大きく下回っています。

左からチャンネル、一階リビング、二階、新しいアンテナ直下、そしてブースターをつけた場合。

左からチャンネル、一階リビング、二階、新しいアンテナ直下、そしてブースターをつけた場合。

 

八木アンテナ取り付け開始!

川村さんと二人でアンテナの設置位置を確認します。今回は八木アンテナを取り付けることになっています。方角、高さのベストなポジションを探しました。お客様にアンテナ取り付け位置を確認していただいた上で、取り付けにかかります。

その場所に壁付けの金具を防水加工してビスで留めます。これはいつものルーティンワーク。既存のアンテナみたいに、建材が腐食するのを防ぎます。

 

方角は壁と全く平行だったので助かりました。

 

同軸ケーブルは壁に留めておきます。これは、ケーブルの劣化を防ぐために重要です。風でゆらゆらするとケーブルが痛み、断線することがあります。もちろん、ビスを打った後もコーキングで防水処理しておきます。

 

新しいアンテナを設置したところでレベルを確認します。ここでのレベルは45−47というところ。これを、三分配してありますから、ブースターなしでは難しいでしょう。

新ANTENNAと書いてあるところ。

新ANTENNAと書いてあるところ。

 

ブースターやっぱり必要に

そこで、お家の方にこの数値を確認していただいて、ブースター設置を了承していただきます。

 

ブースターをつければ、40デシベル以上の利得が得られます。

 

デフォルトの状態、何も調整せずに、テレビの付近でレベルを測ってみました。

 

するとすべてのチャンネルで70デシベル代の数字が出ました。

右の「ブースター取り付け後」の走り書き。

右の「ブースター取り付け後」の走り書き。

 

あとは、テレビに接続してあったケーブル端子がゆるくなっていたので、F型接栓をスタッフ川村さんに作ってもらい、問題なくテレビが映るようになりました。

ヒロさん
川村さんには今回も大いに助けてもらいました。取り外し大変だったね。また助けてね。

この度は弊社【3HD】スリーエイチデンキのご利用ありがとうございました。

*料金に関しては「アンテナの取り付け料金」のご案内ページをお読みの上、お問い合わせいただけると幸いです。 要件をスムーズに伝えることができます。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com