中間市通谷の病院警備室にてルームエアコン取り付け 穴さえあればどこでも通すぞ配管を‼︎

エアコン工事

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

中間市にて、「病院」に老人養護施設が併設された現場へ向かいました。
いつもは隣の「介護施設エアコン交換工事」をさせていただいています。
今回、古いビルマルチエアコンが壊れたということで、各部屋個別に壁掛けエアコンをつけることになりました。
この工事のポイントは

  1. 冷媒配管は屋外へ、ドレン排水菅は室内の流しへという別ルートで
  2. コア抜き不要
  3. 複雑なエアコン化粧ダクト配管

 

となります。

エアコン工事を病院施設で【特殊工事】

デスクにPC、電話などがありますので、
作業するときは埃がかぶらないように
マスキングテープで養生します。エアコン取り付けは養生シート貼りから

コア抜きの代わりに天井裏ダクト穴を流用

当初はコア抜き(コンクリートに配管穴を開けること)
する予定でしたが、
エアコンガス配管は天井裏の今は使われていないダクトを通してというご依頼でした。
冷媒配管は室内機本体よりも上に配管しますので、
ドレンは別に流し台に向かっての配管となりました。

全て後付けの設備となりますので、
既存の設備の間を縫っての、ドレン菅施工となります。

天井裏隠蔽配管のため、照明器具を外し、配管しました。

エアコン配管ダクトをつけて見栄え良く

ダクトをつければ見栄えも良くなります。このような複雑な配管でも、お客様のご要望に最大限お応えします。

最後は真空引きをして作業完了です。

このようなエアコンの特殊工事も行います。

エアコン取り付けは、正しい知識、技術、経験を持った【3HD】スリーエイチデンキ ヒロさんまで。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

ヒロさん