小倉北区商店街にて地デジ、BSアンテナの取り付け。ビルに囲まれても、根気強くポイント探せ。

アンテナ工事

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

小倉北区京町のアーケード商店街の一角で地デジとBSアンテナの取り付け工事を行いました。写真のように四方をビルに囲まれているので、場所の選定に苦労します。

なぜかというと、地デジも(特に)BSも電波がビルでさえぎられると良好なレベルが得られないからです。ちなみにBSは電波が遮られると決してテレビは写りません。そして、地デジ、BSはそれぞれ電波の送られてくる方向が違うので、必ずしもアンテナを同じ位置に取り付けられるとは限りません。

 

左に見えるのは隣のお家のアンテナ

左に見えるのは隣のお家のアンテナ

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

 

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com

 

最もよく地デジ、BSの電波が拾えるところを探るべく調査開始!

調査には結構時間をかけます。アンテナの電波が拾えるところによって、取り付け方法や、アンテナの種類が変わってくるからです。まず第一にアンテナの設置位置を選ぶことは大事です。

この屋根から堺は別の建物になるのでアンテナ設置場所は限られる。

この屋根から境は別の建物になるのでアンテナ設置場所は限られる。

 

根気強くベストなアンテナ取り付け位置を探します。

根気強くベストなアンテナ取り付け位置を探します。

 

アンテナ取り付け位置決定

BSアンテナの位置もある程度高くして、電波が入りやすいようにします。そのために取り付けはサイドベースと1.2Mのマストの組み合わせとしました。

本日手伝ってくれた池さん

本日手伝ってくれた池さん

 

ほぼすべての地デジ、BSのチャンネルで良好なレベルが拾えたのですが、地デジ31チャンネルだけが不安定です。31チャンネルのレベルが十分入るところにアンテナを移すと、今度は他の数チャンネルが不安定になるという。だから、全て他のチャンネルが安定して、なおかつ31が最も良い数値を出しているところを選び、設置しました。ビルに囲まれているというのはアンテナ設置には挑戦となるところです。

 

地デジ、BSアンテナ用ブースターを取り付けて二分配

それぞれ別の場所に取り付けたアンテナから同軸ケーブルをブースターにつなぎます。こうして、一本のケーブルを一階の店舗へ引き込みます。ブースターを取り付けた時点で雨が結構降ってきました。よかった、あとは室内の作業です。

 

店舗にケーブルを引き込み、そこで2台のテレビに繋げるよう屋内用二分配器を使って分けます。

まとめ

今回の現場のように、ビルで囲まれたところにアンテナをつけることは周到な前準備(現場調査、アンテナレベル調査)が必要です。今回は当初、地デジのみつけるという風に伺っていたのですが、後でBSもつけてくださいと頼まれ、作戦変更することに。もっと、自分のコミュニケーション能力を上げなければと思った現場でした。どんな業界、分野でもそうですが、仕事をきっちりやるためには、やっぱりコミュニケーション大事ですね。皆さんもそう思われるでしょう?

 

 

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

 

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com