「飯塚市新立岩」事務所で業務用埋め込み式パッケージエアコンの交換工事をしました。

業務用エアコン工事

業務用埋め込み式パッケージエアコンの交換工事も

今回で二回目となりました。

先回、北九州市八幡西区で行った同機種型なので、

同じ取り外し、取り付けの工程を繰り返すだけで、特に問題なく完了しました。

 

埋め込み式エアコンも10年以上経てば故障する。

埋め込み式エアコンも10年以上経てば故障する。

 

2.8KWの能力、配管は2分3分という一般的な太さ

このエアコンは2.8KWの能力なので、配管は2分3分という一般的な太さです。

2分4分と比べて作業しやすいです。

室内機カバー、配管、電線を外して行って、

エアコン本体を取り外します。

さらにまた新しいエアコン本体を取り付けて、

配管のフレア加工をしなおし、接続します。

 

再接続のためのドレンの加工がコツ

少し手こずったのは、ドレンの接続口です。

一度外した古いドレンに新しいドレンを接続します。

 

接着剤を使ってプラスチックのドレンを接続していますから、

簡単に外せません。

なんとか外した後、

カッターナイフで接続口を削って綺麗にし、またつなげられるようにします。

この時綺麗に接続口のバリを取っておかないと、隙間から水が漏れてしまいます。

そうなると天井にシミがついてジプトンも張替えということになりかねません。

 

 

電線もつないで、

カバーを取り付けます。

やっぱり新品は綺麗です。

室外機はベランダ二段置きです。

試運転をし、異常が無いのを確認し、お引渡しでした。

エアコン交換作業時間約3時間

 

エアコン取り付け料金はこちら

ルームエアコンや埋め込み式業務用パッケージエアコン取り付けは、 正しい知識、技術、経験を持ったスリーエイチデンキ ヒロさんまで。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

ヒロさん