10年もののエアコンにガス補充。ダメもとでやってと大家さん。【北九州市八幡西区清納町のアパート】

ガス補充はガスの種類を教えてください。
ガス補充はガスの種類を教えてください。
エアコンのガスチャージ(修理)

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「買って、10年近く経つエアコンが壊れたから、ちょっと見て」と、
八幡西区のアパート大家さんが連絡下さいました。
一目でエアコンのガス不足なのがわかりました。

エアコンガスの不足はどうやってわかるの?

以下の写真のように一目りょうぜんです。

ガスがサイクル内(パイプ、室内機、室外機)にありますが、
少なすぎて循環できない状態です。
ですから、室外機からのガス出口付近に霜が付いています。

コンプレッサーは壊れていなければ、
ガスを補充すれば治ります。
(室外機のファンが回っているのは、コンプレッサーは大丈夫だということ。)

冷えないのはエアコンガスが足らないから?

冷えないのは、ガスが不足しているからです。

もう一つ考えられるのは、
室内機あるいは室外機基板の故障。
この場合は、基板の交換になります。
しかし、この場合は室外機の霜は発生しません。

つまり、冷えない時の対処⬇︎

  1. 霜の付着➡︎ガス不足➡︎ガス補充➡︎冷える
  2. 室外機のファン回らない➡︎室内機のランプが点滅(チカチカ)➡︎基板故障 ➡︎基板交換もしくは本体まるごと交換

という展開になります。

で、今回はガス補充のみということで。。。

エアコンガスの補充はいくらかかるの?

ルームエアコン、そして、補充のみでしたら、
ガスの種類R−410で、約700-850gの充填量です。
約10000~13000円というところでしょう。(エアコンガス補充料金参照。
(弊社から現場の距離によって幅があります。)

ガス(冷媒)にも種類があり、室外機のラベルに明記してあります。
この場合は、R-410。
新しいエアコンではR-32。
反対に古いのはR-22。

パイプ接続に問題がある時は、
パイプの再加工が必要になります。
パイプ取り外して、加工し直して、
再取り付け(真空引き含む)
なのでプラス5000円てとこでしょうか。

どうしてエアコンガスってなくなるの?

この現場のエアコンは漏れ原因が
「エアコン移設時の不手際による」ものだと
思われます。

ゲージを使った診断の結果、
漏れ箇所は見付かりませんでした。

ガスを測るゲージ

おそらくエアコンを外した時、
あるいは取り付けるときに
ガスを放出してしまったのでしょう。
しかし、「適切な道具、知識のあるプロ」が
作業に当たればこうしたことは起きません。

エアコンが冷えない、室外機に霜が付いている。。。
すぐに故障は直るかも。
一度ご相談ください。
エアコン取り付け、故障診断、ガス補充は、正しい知識、技術、経験を持った エアコンテックまで。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996