エアコンガスチャージ(北九州市八幡西区折尾にて)で冷房20℃以下への壁をぶち破れ!!

エアコンのガスチャージ(修理)

エアコンが冷えないのでガスチャージをしてくださいとの連絡を八幡西区のお客様から受けました。

エアコンガスが抜けてしまう理由は大体この二つ。

  1. エアコン取り付け時の(特に引越しの時)不手際。
  2. バルブの経年劣化によるガスリーク。

さあこちらのエアコンはどっち?

エアコンガスの不足する原因は何?

さっそくお客様から話を伺いました。

エアコンを見ると2011年製。7年ものです。

経年劣化によるガス不足は考えにくい。

一昨年移設をされたとおっしゃっていたでしょうか。

エアコンは去年までは冷えていたということでした。

移設時のガスリーク(漏れ)が原因かと思われます。

経年劣化によるエアコンガスの不足は考えにくい。

経年劣化によるエアコンガスの不足は考えにくい。

しかし、吹き出し口に手を当ててみると、冷たい風が。。。

温度計を当ててみますと。。。

だいたい20℃ぐらいです。

エアコン吹き出し口の20℃は正常か?

外気温は30℃くらいで、エアコン吹き出し口は20℃まで下がっているのだから、冷えているんじゃないのと思いました。

奥様に20℃まで下がっているから、そこそこエアコン効いていますよ。というと

ご主人様は「暑いんだ」とおっしゃるそうです。

人によって温度を感じる感覚が違うから思い切ってちょっと聞いてみました。

ヒロさん
ご主人さん暑がりですか?
八幡西区Mさん
そうなんです。私は気にならないんですけどね。
ヒロさん
やっぱり!

念のため、ガス圧も測ります。すると。。。

新品のエアコンガス圧力は1Mpaを超えるが、これは0.9Mpa.

新品のエアコンガス圧力は1Mpaを超えるが、これは0.9Mpa.

ムムム、若干1Mpaを下回っています。

しかし、ガスを入れて本当に効果があるのか?悩ましいところです。

エアコン吹き出し口の20℃で、ガスを入れて本当に効果があるのか?

ガス圧は若干低いみたいですから、とりあえず、ガスを補充してみましょう。

ということで、ガス補充開始。

ボンベから出たガスが圧縮機(コンプレッサー)に入る時、液圧縮を起こさないよう少しずつ時間をかけてチャージしていきます。液圧縮すると、コンプレッサーを傷めてしまいます。

このハカリ(アマゾンで最近売り出された)はグラム単位で数値を出してくれるので、微妙な調整が可能です。

ゆっくり、ゆっくり200gチャージした結果、、、、

ガス圧は0,9から1.2へ上がりました。

エアコンガスは入れすぎてもダメで、過充填と言って、冷媒が回らなくなるなり、これも冷えなくなります。知識、経験、エアコンの仕組みへの理解が必要とされるところです。

エアコンガス圧力が0.9Mpa から1.2Mpaへ回復。

エアコンガス圧力が0.9Mpa から1.2Mpaへ回復。

温度はどうでしょうか?

😀 微妙に2℃下がっています。

200gのガス補充でエアコンは正常に運転。

体感温度もやっぱり違います。

ヒロさん
なるほど、ご主人さんの言う通り。暑がりだなんて言ってすいません。

この度は弊社スリーエイチ電気のご利用ありがとうございました。

エアコン修理、ガスチャージは、正しい知識、技術、経験を持ったスリーエイチ デンキ(ヒロさん)まで。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

スリーエイチデンキ(ヒロさん)

⬇︎こちらのページにエアコンガスチャージの料金が示されています。

料金のご案内。