ブレーカーがすぐ落ちます。落ちないようにできますか?

電気工事

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

お客様Aさん
ブレーカーがすぐ落ちます。落ちないようにできますか?

このようなご相談をいただきました。

おうちに伺ってみると、古い家をリノベーションしてあって、なぜか?大工工事はできていても、電気工事はしてありませんでした。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

 

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com

なぜブレーカーが落ちるのか?

それは、一つのブレーカーに多くの電気製品をつないであるからです。

このおうちの場合、調べてみると台所と脱衣所の電気系統が一本のケーブルにつなげてあり、ブレーカーは20Aまで。

このブレーカーは20A以上の電流が流れると切れる仕組みになっています。

台所ではどんな電気製品を使うかというと、

  1. 食洗機12.4A
  2. オーブントースター13A
  3. オーブンレンジ14.5A
  4. 炊飯機12A               合計 これだけでなんと51.9A
51.9Aの電流をこれ一本で流せと?

51.9Aの電流をこれ一本で流せと?

さらに浴室横の脱衣所には

電気洗濯乾燥機のラベルを見ると11Aの電流が必要。

電気洗濯乾燥機のラベルを見ると11Aの電流が必要。

  1. 電気洗濯乾燥機 11A
  2. ヘアドライヤー 12A 合計23A

合わせてなんと74.9A

 

さらにさらにこの一系統の回路にはトイレのシャワートイレもついています。

おまけに玄関の照明もこの回路に乗っかっているというスーパーマン。

全部一緒に使うことはないとおっしゃっていましたが、炊飯して、トイレに入ったら、シャワートイレが止まったり、洗濯してご飯を作っていたら、ブレーカーが落ちたりと。

非常に不便な生活を強いられていらっしゃるようです。

「ブレーカー落ちる」どうやって対処?

こうなったらできるだけ、回路を分散させるしかないでしょう。

あと三個のブレーカーが使える。

あと三個のブレーカーが使える。

 

この分電盤だと、あと3本の回路を取付けられます。さらにつけたいのであれば、外付けでいくらでもつけられます。

例えば、エアコンを2台3台とつけるならそれぞれに専用回路が必要となります。その分だけ、ブレーカーが必要になるということです。

本当は、台所に2、3本の回路、脱衣所に別回路一本、トイレと玄関にもう一本と分散させれば、ブレーカーが落ちずに、不便な思いをしなくて済むと思われます。

関連ブログ

八幡西区森下で分電盤と電線5.5→14スケアへの幹線交換電気工事。店舗電気工事リノベーションもやってるよ。

電気回路、屋内配線の取り付けは、正しい知識、技術、経験を持ったスリーエイチまで。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

 

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com