地デジアンテナを屋根裏に設置してみませんか?どんなメリット?工事価格は?

アンテナ工事

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

福岡県遠賀郡水巻町のアパートで地デジアンテナを屋根裏に設置しました。

このアパートでは、アナログ放送の時からのアンテナが設置してあり、もう使えないというわけではありません。

でも、塗装足場が建てられているので、この機会に交換することになったというわけです。

この日の作業

  1. 屋根上の古いアンテナを撤去
  2. 天井裏にボックス型アンテナ設置
  3. 配線引き込み

 

 

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

 

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com

 

地デジアンテナ設置料金

屋根裏作業料金は5000円です。以下の料金に追加される形となります。

八木アンテナ 18000円(サイドベース使用)
デザインアンテナ 25000円
BSアンテナ 25000円
地デジブースター 15000円
地デジ/BS兼用ブースター 25000円

アンテナ取り付け、交換の詳しい料金はこちらをタップ。

塗装足場が建てられているときはアンテナ工事を安く仕上げるチャンス

だいたい塗装の時期というのはアンテナ工事と重なります。塗装の耐用年数は10年から13年と言われています。

アンテナの耐用年数もそれくらいです。

アンテナ工事は特に足場のない高いところに設置してあることが多いです。

ですから、アンテナ工事には高所作業料がつきものです。(ちなみに弊社【3HD】では、5000円から12000円*危険度による。)

そこで、塗装工事で足場を掛けている時にアンテナ工事をすると高所作業料が必要なくなります。電気屋さんも危ない作業を強いられることなく、安全に作業できます。

そうです、塗装足場が建てられているときは、アンテナ工事のチャンスです。

 

屋根裏に設置するどんなメリットがあるの?

  1. 老朽化しない。
  2. 台風の影響(転倒)を受けない。
  3. 鳥の害を防ぐ。
  4. 家の外観を損ねない。
  5. 屋根瓦を傷から守る。

1、老朽化しない。

というのは、普通アンテナを設置してあるのは、屋外です。日夜、風雨にさらされているので、錆びてしまいます。今時のアンテナはプラスチック樹脂でできていたりしますが、取り付け金具は錆びます。また、本体も直射日光に当たると、劣化することは免れません。

2、台風の影響(転倒)を受けない。

台風の強い風で、アンテナが倒れることがあります。もっとも、倒れるようなアンテナは支柱が錆びていたり、ワイヤーが錆びていることが多く交換時期だと言えます。早めに交換しましょう。屋根の中にアンテナを設置すると、風は全く当たりませんから、台風なんて問題ありません。

3、鳥の害を防ぐ。

鳥はアンテナに止まることが好きです。そこで糞をして屋根が汚れることがあります。

4、家の外観を損ねない。

今時、魚の骨型のアンテナは嫌だという方もいます。しかし、屋根裏に取り付けるなら、アンテナ自体が見えません。

5、屋根瓦を傷から守る。

特に、アンテナが倒れた時にその衝撃で瓦が割れることがあります。

その時のブログはこちら↓

福岡県遠賀郡遠賀町にて。デザインアンテナ取り付けと料金はこちらにお任せください。

 

アンテナを屋根裏に設置するのに必要などんな条件があるの?

  1. ちゃんと電波が入ること。
  2. アンテナを取り付けるスペースがあること。
  3. アンテナを取り付ける作業スペースやアクセスできる開口部があること。

 

1、ちゃんと電波が入ること。

屋根の下に取り付けますから、障害物の中にアンテナがあることになります。ですから、電波の強い場所でないと設置できません。プロによる電波測定を依頼してください。

2、アンテナを取り付けるスペースがあること。

アンテナを屋根裏につけるには広いスペースが必要。

アンテナを屋根裏につけるには広いスペースが必要。

アンテナは八木アンテナなら、1,5Mの長さがありますから、それを自由に向きを変えられるスペースが必要です。

デザインアンテナだと、縦75センチ、横30センチは確保しておきたいとことです。

冒頭のボックス型アンテナだと横50センチはあります。

3、アンテナを取り付ける作業スペースやアクセスできる開口部があること。

作業スペースが必要ですし、開口部がないと屋根裏には入れません。

アンテナ開口部は風呂場の天井に

アンテナ開口部は風呂場の天井に

BSアンテナは屋根裏につけられるか?

できません。BSアンテナの電波は高周波を使っているので、アンテナが何かに遮られると受信はできなくなります。

BSアンテナは足場に遮られると映らない。

BSアンテナは足場に遮られると映らない。

 

塗装の足場に遮られても入らなくなります。その例はこちら。

BSアンテナ一時的付け替えで放送ブランク作らせない現場監督の配慮を見た。水巻町営住宅の塗装工事の数週間

 

アンテナ取り付けは、正しい知識、技術、経験を持ったスリーエイチまで。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

 

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com