【福岡県福津市若木台にて】エアコンを砂壁に取り付けるにはどうするの?

エアコン工事

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

福津市でエアコン取り付けに呼ばれていきました。
去年サイトを通じて、エアコン取り付けで弊社をご利用いただきましたKさん宅に
伺いました。
行ってみると、壁は砂壁、
しかも柱が出っ張っていて、直接取り付けたらエアコン本体右端が浮いてしまいます。
どう対処できるでしょうか?

砂壁には金具(縦さん)をつけてエアコン取り付け

下の写真を見ると、縦さんという金具を使っています。
これがあると、砂壁+柱で本体が浮くという問題を解決してくれます。

福津市若木台でのエアコン工事室内機金具使用

福津市若木台でのエアコン工事室内機金具使用

壁はコンパネが貼ってありますが、
実は2,3ミリのベニアです。
ご主人さんがDIYで、砂壁の上にベニアを張り、
その上に壁紙を貼る予定らしいです。
砂壁の上には壁紙を貼れないからです。

福津市若木台でのエアコン工事室内機取り付け完成

福津市若木台でのエアコン工事室内機取り付け完成

室内機が取り付け終わり、
外の作業に移ります。

エアコン取り付けは必ず、真空ポンプで真空引き

 

よく、電話お問い合わせで
「真空ポンプを使いますか?」
と聞かれることがあります。
なぜなら、
「真空ポンプを使わないエアコン取り付け業者もいる」
ということです。
エアコン取り付けだったら真空ポンプを使うのは常識です。
弊社は常にこの工程を行います。

確かに、この工程は時間かかるし、
真空ポンプ、ゲージを買うのにもお金かかるかもしれません。
しかし、この工程を省くと環境に悪い(フロンガスの大気放出)、
そして、パイプ接続の不具合の確認ができないなどの
弊害が出てきます。

真空テストをして出来上がりです。

エアコン取り付けは、正しい知識、技術、経験そしてツールを持った
スリーエイチ電気まで。

電話でお問い合わせする080-4578-6996