スリーエイチラボのプロフィール

会社住所:〒807-0056 福岡県 遠賀郡 水巻町 伊左座4丁目5−11

電話番号:080-4578-6996  iphone

固定電話/FAX: 093-202-5330

 

ショートメールで問い合わせする

 

会社名:スリーエイチラボの運営する

「スリーエイチ デンキ」[3HD]

 

ご挨拶

スリーエイチ デンキ代表 井手上博喜

スリーエイチ デンキ代表 井手上博喜 HIROKI IDEUE

 

はじめまして。

スリーエイチラボの運営する

「スリーエイチ デンキ」【3HD】代表の井手上博喜(いでうえひろき)と申します。

ホームページをご覧くださりありがとうございます。

 

 

「スリーエイチラボ」が意味するもの

まず、スリーエイチとは何を指すのでしょうか?

それは3つのエイチつまり、

  1. Honest(正直)
  2. Humble(謙虚さ)
  3. Hungry(ハングリー精神)

という私たちの目標を表しています

1.Honest(正直、マジメ)

については良心的に仕事を行うことを目指します。

お客様、仕事にマジメに向き合います。

 

2. Humble(謙虚さ)

については誇り高ぶるのではなく、物腰の穏やかさを示す努力を払います。

お客様のリクエスト、こだわり、人のアドバイスを進んで取り入れます。

3. Hungry(ハングリー精神)

については絶えず向上心を持って仕事に向き合います。

どれ程長くこの仕事を行なってきたとしても、さらなる技術の向上に努めます。

より短い時間で、より綺麗な仕上げができるよう、日々の反省は欠かしません。

これら3つのHをどのように追求し、実践していけるかを研究する場(Laboratory)として
スリーエイチラボ(3H Labo)と命名しました。。

このようにして、私たちはお客様に良いサービスを提供し、

私たちはこれらスリーエイチの心構えによって人間的に向上させることができる、

こうした理念をもって日々、スキルを磨いております。

こうした原則を導きとし、お客さまに安心できるサービスを提供するなかで

私たちも成長できると信じています。

 

さらに、私どものモットーはまず、「お客様に喜ばれる」仕事をすることです。

「お客様に喜ばれる」ために、では、何ができるのか?

 

お客様に喜ばれる仕事とは?

「値段がお手頃なこと」

しかし、考えてみてください。値段が安ければそれで良いのか?

必ずしもそうではないかもしれません。

安く仕上げ、利益を上げるには短い時間に多くの仕事をこなさなければなりません。

そうすると、仕事の質はどうなるでしょうか?

必然的に低下してしまいます。

ですから、お客様のために価格を抑えつつ、妥当な値段でサービスを提供すること、このバランスを大切にしたいと願っています。

 

「近づきやすさ」

何を意味するのでしょうか?

つまり、「気軽になんでも質問でき、話せる人」となるべきだと思っています。

作業中にお客様が気になること、特に気をつけていることがあれば、スタッフに伝えておきたいと思うことでしょう。

例えば、小さなお子さんがいらっしゃって、窓を閉めて作業をしないと子供が風邪をひくんじゃないかと心配してしまう。

それをスタッフが無言のうちに察してくれれば良いですが、いつもそうしてくれるとは限りません。

そうした時にスタッフがニコッと微笑んで、お客様の方を向いたらどうでしょう。

 

お客様:「あのー、すいませんけど。。。子供がいるので窓を。。。」

スタッフ:「あっ😅 すいません。お子さんが風邪を引いたらいけませんね。」

 

このようにいつでもお客様が話しかけられるような雰囲気を作りたいと願っています。

お客さまとのコミュニケーションはアクティブリスニングに努め、ご要望をよく伺った上で工事に取りかかります。

 

お客さまは何が悩みなのか?

何を心配なさっているのか?

どうしたら喜ばれ、安心していただけるのか?

お客さまにとってより重要なことは何なのか?

作業工程を考えることも大切ですが、お客さまのご要望を先に伺います。
わからないことは何でもご質問ください。遠慮なくどうぞ。

お客さまの安心し、喜ぶ顔を見るのが私たちの力になります。

「アフターケア」

お客様宅の一つの仕事が終わればそれですべて終わりとは考えません。

その後も、万が一不具合が生じたり、手直しが必要だったりした時は責任を持って対処いたします。(ここ数年、弊社取り付けのエアコンで、水漏れ、ガス漏れについての報告はありません。)

たとえ、トラブルがなかったとしても、その他の工事が必要になった時に再び呼んでいただけるよう願っています。

「清潔感」

スタッフは皆、非喫煙者でキレイ好きです。身だしなみ、つまり、髪型、ヒゲ、清潔な作業着に気を使います。

言葉遣いに気をつけます。

よく現場では、殺伐とした言葉遣いが用いられます。年長の人が若い人を叱り飛ばしたり、イジメたり、罵倒したりとひどい現場も見てきました。

私たちは綺麗な言葉を使いたいと思います。仲間に敬意を抱いて作業にあたり、お客様からはなんでも相談できるような雰囲気を保つよう努めます。

「〜しとけ」とか「〜せんか」ではなく、「〜してもらっていいですか?」「〜しておいて頂けますか?」と話した方が気持ちよく仕事ができます。

外見だけではなく、心も健全に保つ努力を欠かしません。そうすることで、本当のお客様に対するサービスを追求できると考えます。

作業時は養生布を使って汚れを防ぎ、最後にお掃除します。

では、スリーエイチ デンキ【3HD】をよろしくお願い致します。みなさんに喜ばれるサービスを提供できることを確信しています。

 

 

サービスエリア

北九州市全域(小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区)とその周辺(水巻、遠賀、芦屋、岡垣、中間市、宗像市、直方市、鞍手郡、など)

応援で田川市、飯塚市にも行くことがあります。

エアコン、アンテナ工事電気工事、インターホン取り付け、交換工事、照明器具、LED照明取り付けなどなど、電気のトラブルも対応できます。

 

わが社は個人経営で、二人三脚制です。
工事にはうちの奥さんと大体二人で伺います。
ですので、女性の一人暮らしの方も安心して工事をお任せください。

男手が必要な時にはさらに協力(強力)してくれる助っ人を呼び、働いています。

私たちの仲間には、さらに設備業者、クロス職人、電気主任技術者、土木工事士などなどいろいろな職種の職人が揃っています。

協力業者 【えでん開発】田川の工務店

[お家を元気にしませんか?]の「えでん開発」福岡県田川郡川崎町川崎872-15

edenkaihatsu.com/ 筑豊地方でキッチンリフォーム、システムバス設置工事、壁紙・フロア張り替え等インテリア工事・オール電化工事 など御座いましたら「えでん開発」へ。

 

有する免状、資格、参加した講習会について

一般社団法人日本CATV技術協会主催「新4K8K衛星放送用受信設備の施工について」全国技術講習会参加

小型車両系整地 特別教育修了証
ダイキン技術講習会 スカイエアー据え付けマスター終了証
ポリテクセンター有接点シーケンス制御基礎終了証
RRC冷媒回収処理技術者
第二種電気工事士免状
ガス溶接技能講習 終了証
足場の組み立て等作業主任者技能講習終了証
玉掛技能講習終了証
福岡大学 人文学部 フランス語学科 1993年卒業

英語検定準一級

特技 英会話 中国語

趣味 釣り 読書 ジョギング スキューバダイビング(沖縄、グアム)

「余談」ライフストーリー ヒロさんが下請けをやめたわけ

かつて、全国ネットの家電取り付けの会社(ホームページ検索すると広告欄上三つ、下三つくらいに出てくる)から仕事をもらっていたことがあります。

 

会社は関東のある県で、ネットによって全国各地から関東に集中集客し、各地の下請け業者に仕事を流すというシステムです。

さすがに集客はうまくて、しょっちゅう連絡がありました。

なぜなら顧客が電話を入れるのに非常に敷居が低くなっているからです。

どんな敷居かというと、「見積もり無料」「訪問見積もり後に断ってもお代はいりません。」というものです。

敷居が低くなっている分、断られることも多いです。

しかし、その会社はお客さんを紹介するまでが仕事で、「そのあとはうまくやってね」で終わりです。

 

紹介してもらったはいいが、問題はそのあとです。

お客さんから電話連絡の時に断られても、訪問成立でも、現場に行ってそこで工事をキャンセルされても一軒あたり数千円と税金を払わなければいけません。

最初は2、3件キャンセルが続いても、あとで盛り返していけるだろうと楽観的だったのですが、それが、10件続いた時にはもう廃人のようになりました。

ある時は、

  1. 見積もりを電話で伝えただけで断られたり、
  2. わざわざ1時間近くかけ、遠いお客さん宅に訪問して、見積もりを出しては断られ、ある時は、
  3. エアコン故障ということでメーカーのサービスマンの現場出張を手配したら、実はエアコンは故障していなくて、それでも出張料はこっちが払わないといけないから、払ったけど、家の人は「壊れていなかったでしょ、キャンセルね。」と言って支払い拒否されるし。 😯

確かに、自分の落ち度もあります。

それでも、「これは自分のやることじゃないだろうな 😥 」と、

そんなことが続いたので、その手の下請けはきっぱりやめたのです。

もう一つ、下請けをできないと思ったわけは、価格を自分の基準から見てすごく高くするか、低くするかしかできないからです。

自分ではあんまり高い値段をお客さんに言いたくない。けど、それだけもらわないと、赤字になる。元請けに紹介料払わないといけないから。

で、少し高い値段を言うともう電話先で断られる。

こうしたジレンマを経験してきました。

それで、こう思うようになりました。

 

ヒロさん
できるなら自分で集客し、自由に仕事をしたい。

自分でリーズナブルな値段を設定し、お客さんとのWIN WIN の関係を築きたい

 

そう思って、WEB集客について勉強し、そのためにマーケティングについてもお金払って学び、ワードプレス(このサイト)の作り方も「ワードプレス塾」というコミュニティに参加して、習いました。

おかげで、「PHOTOSHOP ELEMENTS」という写真加工ソフトも使えるようになったし、ワードプレスを立ち上げ、SEO対策できるようになって、検索上位に食い込めるようになりました。

お客さんからの問い合わせもぼちぼちくるようになり、これでやっていけるかなというところまできました。

怪我の功名というものです。

PDCAというビジネス用語があります。

PLAN DO CHECK ACTIONという単語の頭文字をとった言葉です。

このサイクルを繰り返すことによって、スキル、考え方、人格とそれ以外にもたくさんの分野で向上できるという考え方のツールです。

このPDCAを運用し、問題が持ち上がると、それを解決するために頭を使う(PLAN)、やってみる(DO)、その結果を検証する(CHECK)、うまくいかなかったところをもう一回違った方法でやってみる(ACTION)それによってスキルが上がり、また一歩成長できる。

これこそ3Hラボの目指すところです。

これまでの、ヒロさんの失敗、挫折は確かに自分の財産になっています。

これからも、どんどん色々なこと(マーケティング、サイト構築、ビジネス、もちろん電気工事のスキルアップや人格面での向上)を学んで、皆さんにその益をお分かちしたいと思っております。

 

スタッフネコ
どうぞ、スリーエイチ デンキ ヒロさんを宜しくお願い申し上げます。

 

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

スリーエイチデンキ(ヒロさん)