直方市新入から宮若市へエアコンの引越し二台。エアコンお引越し依頼する人必見!! 押さえておくべき2つのこと。

エアコン工事

こんにちは、ヒロさんです。

直方市から宮若市へ二台のエアコンを移設しました。

どれくらい時間がかかるか知りたいでしょ。その日の予定です。

あと、[エアコンお引越し依頼する人必見!! 押さえておくべき2つのこと]もまとめていますよ。

  • 午前中エアコン取り外し、車に積み込み。
  • 直方から宮若へ移動30分くらい。
  • 車からエアコンを下ろし、それぞれの部屋に配置。
  • 道具も下ろして、午後からの仕事の段取り。ここまででもうお昼になる。
  • 午後からエアコン2台の取り付け。

だからエアコン二台移設するんだったら、丸一日見といたほうがいいね。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

 

Gmailで問い合わせる

下の「お問い合わせフォーム」か、こちら「Gmail」へメールください。大切な見積もりの問い合わせは、電話番号を添えてください。(こちらのメールがそちらへ送信不可のアドレスがありますので。しかも、真剣に時間かけて作った見積もりが作ったはいいが、届かなければ悲しいです。 😥 )メールは必ず見ます。24時間以内に返信しています。

airconte@gmail.com

午前中9時より取り外し開始。

それでも、すぐにエアコンは取り外せばいいってもんじゃありません。なぜかって?それは冷媒ガスを室外機に回収しないといけないから。上手にガス回収しないと、またエアコン取り付けた時にガス不足で、「エアコン効かないよ」てことになるでしょ!

それでね、室外機コンプレッサーでガス回収するんだけど、コンプレッサー回り始めたなと思って、すぐに室外機のガスバルブ閉めちゃうとそれもよくないわけ。なぜなら、ガスに混入しているオイルが配管内に残って、エアコン取り付けた時にそのオイルが膨張して、マニホールドゲージの針が上がっちゃうっていうことになるの。そうなると、正確にパイプ内が真空になったんだか、穴が空いて針が上がっちゃったんだかわからなくなるから、パイプの中にオイルを残さないのがいいよ。

 

だから、コンプレッサー5分以上回してからバルブ閉めた方がいいのよ。(ダイキンの講習行った時は15分とか言ってたけど、ま、念のためというとこだろうね。五分も回せばオイルはガスに取り込まれて、取り付けの時影響ない程度にオイルは抜けてると思うよ。)

ガス回収は冷房運転で

で、「ガスの回収しなさい」っていうんだけど夏は気温が高いから、エアコンは喜んですぐに冷房運転してくれるよ。けどね、冬はどうなのよ。冬にまともに冷房運転しようとしても、エアコンさんはうんともすんとも言ってくれないよ。気温が高い時に冷房運転するように作ってあるからね。

だから、冬にガス回収する時は『強制冷房』という機能を使うのさ。今のエアコンは大抵この機能が付いている。室内機カバー開けたらスイッチがあって、5秒長押しとか10秒とか書いてある。けどね、全てがこううまくいかないこともあるよ。今までエアコン移設した中にはこの機能がないエアコンもあった。それがこのお宅の2つのエアコンのうちの一つ。

よく見るとエアコン強制冷房の指示が書いてある。見にくいけどね。

よく見るとエアコン強制冷房の指示が書いてある。見にくいけどね。

じゃ強制冷房できなかったらどうするか?というと、ドライヤーで室内機温度センサーをあっためて、エアコンさんが「あれ暑いよ。今夏?冷房運転しようかな?」と思うくらいまで風を当ててやる。そしたらしばらくして、まんまとコンプレッサーが回り始めるというわけさ。しめしめだよ。

冷媒ガス回収する時に最低必要な二つのこと

冷媒ガス回収する時に必要となるのは、

  1. 電源が使える。(家の電気が使える。)
  2. リモコン(リモコンがないとこの強制冷房できない事がある。)

お家によってはもう退去するからって、九電さんに電気の線を抜いてもらってる家もあったよ。そうなるとエアコン作動できないから、ガスの回収もできないよ。気をつけてね。

エアコン外すのに電気使えるようにしといてね。

エアコン外すのに家の電気使えるようにしといてね。

 

あと大事なのはリモコン。上にも書いているけど、大抵室内機のスイッチで強制冷房できるようになっているけど、中にはリモコンがないとこの機能が使えないのもある。リモコンとエアコンはセットで移動するに限るよ。

エアコン引越しにリモコン揃えといてね。

エアコン引越しにリモコン揃えといてね。

 

午後からエアコン2台の取り付け

ということで、二台のエアコン取り外し、運搬、設置の段取り、昼ごはんという午前の工程が終わり、いよいよお昼から取り付けの開始だ。

こちらのお家は見かけは新しいけど、壁は土壁でできている。実は土壁とても調湿性(部屋の湿度を調節する機能)がいいんだよ。土壁にエアコンを取り付けるときは下の写真のような金具(縦桟たてさん)を使うよ。直接ビス打っても効かないからね。鴨居にビスで留めて、その上にエアコン裏の金板をつける。

 

今日は川村さんが手伝ってくれた。仕事がハードなときは頼りになりますよ。

 

エアコン1台目は順調に取り付けできました。

 

エアコン2台目の取り付け ハプニング発生

さあこれからエアコン2台目の作業に移ります。

配管穴は開いているので、ふさいでいるパテを外します。

 

先ほどと同じように金具をつけ、金板の取り付け。

そしてここでは左配管と言って、エアコン室内機の裏側で配管をつないで、左から配管を外に出します。

この場合、銅管を綺麗に90度に曲げておかなければなりません。下手をすると、銅管が折れたり、つぶれたりしてガスの流れに影響が出るし、曲げの位置がずれると室内機が斜めになったりします。それでこういうベンダーという道具を使って綺麗に曲げます。

 

配管を取り付け、室外機にパイプをつなぎ、真空引き。すると、あれ、 😯 なかなか真空にならない。なぜか?それはパイプに穴が空いているか、トルクレンチで締めるのを忘れたかのどちらか。

胸に手を当ててしばらく考える。

一緒に作業していた川村さんにも聞いてみます。

ヒロさん
僕、トルクレンチで締めてた?

自分の行動を人に尋ねるヒロさん。

スタッフ川村さん
締めんかったかもね。
ヒロさん
やっぱり! 😯 

原因が分かれば後は早いですよ。原因さえ理解できれば焦りもなくなるし。ということで、室内機取り外して、締め直し。これが左出し配管じゃなければ室内機外さなくていいんだけどね。川村さんに室内機持ってもらいながら、配管接続を絞めることに。これは二人ともしんどい作業だったね。

 

所要作業時間と料金

こうして、無事に締め直し、真空引き、漏れがないのを確認してお引渡しでした。接続は確実にね。バルブを開ける前に締め忘れに気づいてよかったね。気づかないままだとガス全部抜けてたよ。真空ポンプ使うことで、ミスを防げてよかった。

終了時間は16:00。締め直ししたから30分余計掛かったかな。 😕 

作業料金は移設基本料金 13500X2=27000 と縦桟 2000X2=4000 合計31000円

 

 

この度は弊社【3HD】スリーエイチデンキのご利用ありがとうございました。

*料金に関しては「エアコンの取り付け料金」のご案内ページをお読みの上、お問い合わせいただけると幸いです。 要件をスムーズに伝えることができます。

電話でお問い合わせする

 タップ⬇︎すると電話につながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)

ショートメールで問い合わせする

 

 タップ⬇︎するとショートメールにつながります。

080-4578-6996

【3HD】スリーエイチデンキ(ヒロさん)